2017年5月28日日曜日

ATOKによる言葉狩り

https://togetter.com/li/102921
今も健在なのかなと体験版をインストールして「こびと」で確認した。

ATOK 2016 for Mac Ver.29.0.0




健在の模様。カスタマイズしないと変換できないと思われる。電子辞典を追加したら変わるのかはわからない。

では ATOK 以外をみてみましょう。

Google 日本語入力


macOS 付属のもの(名称わからず。単に Japanese Input Method / 日本語入力プログラム?)




ずっと Google 日本語入力を使っていたけど、この入力したそばから次々と変換してくれるの気持ちいい(いまさら)

とさつ」だと以下の通り。

ATOK

Google 日本語入力

でてこない・・・?と思いきや、一度 space をタイプして変換するとでてくる(先の ATOK ではでてこず. 「と殺」すら)


Japanese Input Method

まっさきにほふりころすやつで変換された。

ポメラは ATOK を搭載しているようだけど、同じように変換できないのか気になるな。。ヨドバシでデモ機あれば試してみたいところ。
http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm200/function/atok/

DM100 では言葉狩り以前にお馬鹿な感じというレポートあり。
http://andromemo.blog.jp/archives/3956881.html

このエントリは ATOK を用いて書いた。
おしまい。

あやむらさんの歳を越していた

最近の業務の関係上、自分が新卒から何年かの時期ってなにをどう調べてたり覚えてたりしたかな・・・と思うことがあり、「あやむらさん」を思い出した。

ayamura.org でぐぐるとでてくるのだけど(サイトはない)、ダイビング中の事故で亡くなられたとか。どうも当時36歳だったらしい。若い・・。

当時の自分は「日刊 いんすとーらー」などを見ていたなぁ。BSD managine に寄稿されていたような記憶もある。 面識は全くなかった & 界隈のコミュニティへの接触は自分にはなかったので「なんかすごいひとがいるのだな」と思っていた。
Ethereal(現 Wireshark) の contributer に名を連ねられてもいるし。(About Wiresharkでみることが可能. https://www.wireshark.org/ の Authors でも。)


マックなOSだと sysctl の -d オプションが無意味

説明見れるといいのに

% sysctl -d kern.ipc.nmbclusters; uname -mrs                                                   
kern.ipc.nmbclusters:
Darwin 16.6.0 x86_64
% sysctl -d kern.ipc
kern.ipc:
kern.ipc.maxsockbuf:
kern.ipc.sockbuf_waste_factor:
kern.ipc.somaxconn:
kern.ipc.mbstat:
kern.ipc.nmbclusters:
kern.ipc.soqlimitcompat:
kern.ipc.mb_drain_maxint:
kern.ipc.mb_drain_force:
kern.ipc.mb_watchdog:
kern.ipc.mb_normalized:
kern.ipc.mleak_sample_factor:
kern.ipc.mleak_table:
kern.ipc.mleak_top_trace:
kern.ipc.mb_stat:
kern.ipc.sotcdb:
kern.ipc.extbkidlestat:
kern.ipc.extbkidlercvhiwat:
kern.ipc.extbkidletime:
kern.ipc.maxextbkidleperproc:
kern.ipc.soreserveheadroom:
kern.ipc.sorestrictsend:
kern.ipc.sorestrictrecv:
kern.ipc.sothrottlelog:
kern.ipc.sodefunctlog:
kern.ipc.sosendbigcl_ignore_capab:
kern.ipc.sosendjcl_ignore_capab:
kern.ipc.sosendjcl:
kern.ipc.sorecvmincopy:
kern.ipc.sosendminchain:
kern.ipc.sodefunct_calls:
kern.ipc.socket_debug:
kern.ipc.throttle_best_effort:
kern.ipc.io_policy.uuid:
kern.ipc.io_policy.log:
kern.ipc.io_policy.throttled:
kern.ipc.sbmb_limreached:
kern.ipc.sbmb_cnt_floor:
kern.ipc.sbmb_cnt_peak:
kern.ipc.sbmb_cnt:
kern.ipc.soqlencomp:
kern.ipc.njclbytes:
kern.ipc.njcl:
kern.ipc.maxsendmsgx:
kern.ipc.maxrecvmsgx:

$ sysctl -d kern.ipc.nmbclusters; uname -mrs
kern.ipc.nmbclusters: Maximum number of mbuf clusters allowed
FreeBSD 11.0-RELEASE-p9 amd64
$ sysctl -d kern.ipc
kern.ipc: IPC
kern.ipc.maxsockbuf: Maximum socket buffer size
kern.ipc.sockbuf_waste_factor: Socket buffer size waste factor
kern.ipc.max_linkhdr: Size of largest link layer header
kern.ipc.max_protohdr: Size of largest protocol layer header
kern.ipc.max_hdr: Size of largest link plus protocol header
kern.ipc.max_datalen: Minimum space left in mbuf after max_hdr
kern.ipc.maxsockets: Maximum number of sockets available
kern.ipc.numopensockets: Number of open sockets
kern.ipc.soacceptqueue: Maximum listen socket pending connection accept queue size
kern.ipc.shmsegs: Current number of shared memory segments allocated
kern.ipc.shm_allow_removed: Enable/Disable attachment to attached segments marked for removal
kern.ipc.shm_use_phys: Enable/Disable locking of shared memory pages in core
kern.ipc.shmall: Maximum number of pages available for shared memory
kern.ipc.shmseg: Number of segments per process
kern.ipc.shmmni: Number of shared memory identifiers
kern.ipc.shmmin: Minimum shared memory segment size
kern.ipc.shmmax: Maximum shared memory segment size
kern.ipc.sema: Semaphore id pool
kern.ipc.semaem: Adjust on exit max value
kern.ipc.semvmx: Semaphore maximum value
kern.ipc.semusz: Size in bytes of undo structure
kern.ipc.semume: Max undo entries per process
kern.ipc.semopm: Max operations per semop call
kern.ipc.semmsl: Max semaphores per id
kern.ipc.semmnu: Maximum number of undo structures in the system
kern.ipc.semmns: Maximum number of semaphores in the system
kern.ipc.semmni: Number of semaphore identifiers
kern.ipc.msqids: Message queue IDs
kern.ipc.msgseg: Number of message segments
kern.ipc.msgssz: Size of a message segment
kern.ipc.msgtql: Maximum number of messages in the system
kern.ipc.msgmnb: Maximum number of bytes in a queue
kern.ipc.msgmni: Number of message queue identifiers
kern.ipc.msgmax: Maximum message size
kern.ipc.aio.lifetime: Maximum lifetime for idle aiod
kern.ipc.aio.target_procs: Preferred number of ready kernel processes for async socket IO
kern.ipc.aio.num_procs: Number of active kernel processes for async socket IO
kern.ipc.aio.max_procs: Maximum number of kernel processes to use for async socket IO
kern.ipc.aio.empty_retries: socket operation retries
kern.ipc.aio.empty_results: socket operation returned EAGAIN
kern.ipc.piperesizeallowed: Pipe resizing allowed
kern.ipc.piperesizefail: Pipe resize failures
kern.ipc.pipeallocfail: Pipe allocation failures
kern.ipc.pipefragretry: Pipe allocation retries due to fragmentation
kern.ipc.pipekva: Pipe KVA usage
kern.ipc.maxpipekva: Pipe KVA limit
kern.ipc.umtx_max_robust:
kern.ipc.umtx_vnode_persistent: False forces destruction of umtx attached to file, on last close
kern.ipc.sfstat: sendfile statistics
kern.ipc.nmbufs: Maximum number of mbufs allowed
kern.ipc.nmbjumbo16: Maximum number of mbuf 16k jumbo clusters allowed
kern.ipc.nmbjumbo9: Maximum number of mbuf 9k jumbo clusters allowed
kern.ipc.nmbjumbop: Maximum number of mbuf page size jumbo clusters allowed
kern.ipc.nmbclusters: Maximum number of mbuf clusters allowed
kern.ipc.maxmbufmem: Maximum real memory allocatable to various mbuf types

2017年5月25日木曜日

ルビィでデータサイエンス

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/052200981/
Ruby でアレコレするのに特に関心はないのだけど、

Python での https://www.enthought.com/https://www.continuum.io/ のような企業がいてくればいいのではないのかなぁ。
https://www.amazon.co.jp/dp/4774183881/ を読んで知っただけ・・・)

話はかわるが記事に書かれている Ruby Asssociation さまには認定試験を更新していただきたいところ。
http://www.ruby.or.jp/ja/certification/examination/

対象バージョン   Ruby2.1.x で、 2.1 は公式サポート終わっているのよね。
https://www.ruby-lang.org/ja/news/2017/04/01/support-of-ruby-2-1-has-ended/

できるだけバージョン追従していたほうが良いと思う・・・ Oracle の Java 資格みたいまでとは言わないものの(ジャバの受けたことないので事情全くわかっていない)。
 




2017年5月21日日曜日

三千円ちょっとの差

https://www.amazon.co.jp/gp/product/0128110279/
を3月に注文しそのときは 8,891円だった。今みると 12,034円。
早めにぽちっておいて得だったのかな。.com だと $80.42 なので .co.jp はお高め。

3ヶ月後には

何をするのが最善か。

去年に続いてタイトルはそのままで「別のこと」を数ヶ月するので通算8ヶ月くらいになるのだよな・・・。

そろそろこういう感じなのかもしれない。
 https://twitter.com/wyukawa/status/863277820407164929

順調に伸びている


前回 は Jun 22 だったのが Jul 24 に。

This project has fallen behind schedule and is currently expecting to ship on Jul 24, 2017. Please see project updates for more information.

この調子で延びつづけたりして。

2017年5月9日火曜日

たべもの

これらを試してみる予定

完全食 COMP http://www.comp.jp/
BASE PASTA http://basefood.co.jp/

「食べる」に重きをおくなら BASE PASTA か。より時間が惜しいなら COMP か。
どちらもよければ一食毎に交互に食べ続けてみるのもありかもしれない。

2017年5月7日日曜日

アルティメットなキーボードその後

ブログをヲッチし続けている。

当初 2016/7
延期して 2016/9
また延期して 2016/12
その後 2017/2 より早くはないという更新
2017/4 末予定

・・・で今は 
「Our delivery date is unchanged, which you can always check out on your Crowd Supply account page.」

という具合。
crowdsupply のアカウントページでみてみると

This project has fallen behind schedule and is currently expecting to ship on Jun 22, 2017. Please see project updates for more information.
Originally expected to ship on July 2016

と。当初の 2016/7 はどう見積もった結果だったんだろ。。

2017年5月5日金曜日

印刷・製本

アマゾンのレビューかなにかで、
「この本は製本がxxxだからxxx」のようなコメントを目にした。

そんなのは今まで気にしたことは一切なかったなーと思いつつ持ってる書籍をいくつかぱらぱらとみてみると

印刷/製本 日経印刷株式会社
印刷・製本 株式会社日経印刷 (前株、後株で別の会社なのかは不明・・。ぐぐって出て来るのは後株のほう)
印刷・製本 (株)シナノ
印刷 エヌ・ビー・エス 製本 三水舎
印刷/製本 港北出版印刷株式会社
印刷 大盛印刷株式会社
印刷 シナノパブリッシングプレス 製本 ブックアート
印刷所 共同印刷工業(株)
印刷 モリモト印刷株式会社 製本 根本製本株式会社
印刷・製本 三美印刷
印刷 シナノ印刷株式会社 製本 東京美術紙工協業組合
印刷・製本 中央精版印刷株式会社
印刷・製本 株式会社光邦
印刷・製本 平河工業社
印刷 株式会社ルナテック 製本 株式会社越後堂製本
印刷・製本 凸版印刷

印刷と製本が同じとこだったり別だったりするのは製本の内容によってココじゃないとできない、というのがあるということなのかな。
シナノ~~は同じ会社なんだろうか。