2005年10月29日土曜日

mod_perlつづき

同じような症状にあたってるひと発見 。
「数回アクセスすると、502 Proxy Errorが出るように。。」

そうそう。そうなのよ。。

というわけでユーザマニュアルをみて設定をさらに追加&変更をほどこす。

数回アクセスでのエラーはでなくなった&より高速になった。
めでたし。ようやくmod_perlの強力さを実感した...orz

でもまだチョット挙動がおかしいなぁ。。

2005年10月27日木曜日

MT

とあるサーバにMovableTypeをいれてみた。

Apache2(port80) <-> Apache(+mod_perl, port8080)
なリバースプロキシ構成。

Apache2側に/mt-staticとして静的なペイジを置く
/mtをProxyPassしてmod_perlなApacheで処理。

参考
MovableType を mod_perl (Apache::Registry) 環境下で動かす方法

・・・一通り設定してみて動作したものの、やたらとProxyErrorが発生する、、。

Reason: Error reading from remote server

うーむ..

FreeBSD 5.4,
Apache2 は portsのパッチを一部あててworkerMPM,
Apacheはmod_perlをDSOで
共にsupervise管理下で起動

なにが悪いのかしら。。
む、もしや5.4にした後perlを作り直してないのがマズイ・・・のか?

2005年10月17日月曜日

4.11 -> 5.4

ぶじ完了した。STABLEにしちゃおうかな、、。
% uname -mrs
FreeBSD 5.4-RELEASE-p8 i386

体感でレスポンスよくなったのは気のせい・・?

あとはテキトーに手makeしたものをリコンパイル、
portsで入れてるモノは新しくなったときにportupgradeで入れ直せばよかろう。。

2005年10月14日金曜日

4.11 -> 5.4

4.11 -> 6.0
でbuildworldはどうもできそうにない
(できるかもしれないけど自分にはわからん)
ので 4.11 -> 5.4 かな。とりあえずbuildして、installするか否かは
後できめよう。。失敗したら痛い。

2005年10月6日木曜日

2005年10月2日日曜日

targetふえてた

6.0のcloneつくって7.0にしてみていたら、
makeのtargetにdelete-old, delete-old-libsが追加されていた。
さすがHEAD、てな感じか。

vmware

VMware Workstationの新しいのがつかえるっぽいので入れてみた。。
CentOSでも使ってみようかなと思いインストールしたものの、
grubから先にすすまん、、。 orz

インストール失敗?